介護ホームヘルパー2級の資格を無料で取得
介護ホームヘルパー2級の資格を無料で取得 > ヘルパー2級の基礎知識 > ヘルパー2級の取得に費用はどのぐらいかかりますか?

ヘルパー2級の取得に費用はどのぐらいかかりますか?

Pocket

ヘルパー2級の資格取得にかかる費用とは?

かつてのヘルパー2級、現在の介護職員初任者研修の修了にかかる費用は、都道府県や受講する学校によって大きく異なる実態があります。

2018年4月時点の相場を調べてみると、31,000円~150,000円ほどで受講できる学校がほとんどとなっています。

こうした金額の開きは、各学校で行っている割引制度やキャンペーン、奨学金制度の有無などによって生まれていると考えられています。

またキャンペーンの場合は期間限定で行われることが多いため、ヘルパー2級の資格にかかる費用の相場は、月によっても大きく変動する実態があると言われています。

ヘルパー2級の資格取得にかかる費用は分割払いできますか?

分割払いへの対応についても、学校によってシステムが大きく異なる実態があります。

あるスクールでは2回~36回まで、フリーターだった皆さんでも月々3,500円ほどの負担で介護職員初任者研修の勉強ができる支払い方法を設けています。

しかし今後も介護業界で働き続ける際には、ヘルパー2級に該当する介護職員初任者研修を修了した後に介護職員実務者研修、介護福祉士といった形で学びのステップアップをする必要が出てきますので、分割払いで資格取得を目指す際には今後のことも考えた方が良いと言えそうです。

ヘルパー2級の費用を無料にできる方法がある!?

今後も介護の仕事を続けることにより、最初からそんなに多くのローンを組めないといった悩みを感じる人におすすめとなるのが、派遣会社の支援制度を上手く活用する方法です。

派遣会社のこの制度を利用すれば、仕事をしながらお金をかけずに介護ホームヘルパー2級相当の資格をとることができます。

また既に介護職員初任者研修が終わっている人には、介護職員実務者研修や介護福祉士を目指すコースが用意されている場合もありますので、この業界でのキャリアアップやスキルアップを目指す皆さんにもより良い選択肢になることでしょう。

ちなみに派遣会社のこうした制度は、無資格・未経験の方々でも安心して挑戦できるシステムです。

介護の現場には未経験の皆さんでもできる仕事がたくさんありますので、働きながら勉強をすることも十分に可能な業界と捉えて良さそうです。

また一度取得した介護ホームヘルパー2級の資格は全国どこでも通用しますので、将来的な不安やライフスタイルの変化が生じる可能性もある方々にも取得のメリットは十分にある資格と捉えて良いでしょう。

ヘルパー2級取得者の体験談
失業して、少しの間働かず何かしようと思ったので。

失業中に通える、近くで時間的に距離的に問題のない資格教室をというくらいの感覚で始めました。通い出すと以外に楽しく、知らないことも多く、実際仕事を目指している人が大部分であり自分はそこまでの意識はなかったのですが、真剣に勉強に取り組めたと思っています。
やはり良かったのは実習です。今は初任者研修という資格では実習がないそうですが、実在する利用者と接することで、考えさせられることが多く非常に良かったと今になって思えます。

病院で働かれていたという、介護士講師のおばあさん先生の話は現実的で、若い時から自立を目指した生活を心がける大切さを学びました。実際思ってはいても、病気に勝てなかったり、家族が近くにいなかったり、大変な状況に立たされることがあります。

働く側と、自分や家族が介護を受ける側、今からできる事、求められる事を考える機会になり受講して良かったと思えます。技術は後から付いてきます。知識をつけることはとても必要です。

高齢化社会の中でいつか役に立つと感じたからです。

高校生の時の学部が総合学科だったので、福祉に興味はそこまでないけれど、授業の一環としてとれるならお得だし、資格欄に書けて未来的にあれば役に立ちそうだと感じたので、選択授業の中で福祉の項目を選択し、2年次と3年次の授業の中で学んで習得しています。
2年次と3年次に資格取得に向けて必須単位の授業分を校内で受け、2年次と3年次にある全ての期末試験に規定範囲の得点をとる決まりがあり、2年次と3年次に特養へ数日研修に行くことで資格を習得しています。

授業は福祉専門の先生が行い、テキストを添えて学び、学校内で車椅子介助や着脱介助やおむつ介助などを学んでいます。
現場実習は2年次は特養で比較的症状が軽めな人が多いデイサービスに参加してゲームやお遊戯ををしたり、車での送迎について行ったり、おやつの配膳や食事の介助をしたり入浴介助の髪を拭いたりドライヤーをかけたりをしています。

3年次は特養に入居している症状が重い寝たきりの人などの入居者エリアで現場実習を行ったり、実際に相手の自宅に行って働くホームヘルパーさんの元に丸1日ついて行き学ぶことに参加しています。
授業に使うテキスト代は少し高かったけれど、通常よりも私はお金をかけずに資格を習得できているし、現場実習以外は同じ世代の同級生と学んだので、わりと楽しく2年がかりで資格を習得しています。

介護会社の広報マンをしているときに資格を取得!

私がホームヘルパー2級の資格を取得しようと思ったきっかけは、介護付有料老人ホーム運営会社の広報部に勤務しているときのことでした。自分が広報マンであるにもかかわらず、介護の実務を知らないことに疑問を抱いたのです。そこで、自分の会社が運営している教育講座に通学する形で、資格を取得することにしました。

働きながらの通学でしたので、通学期間については会社側が配慮をしてくれまして、トータルで3ヶ月の通学となりました。最初の10日程度は、講師による講義でした。高齢者は転倒しやすいため、高齢者が段差を歩くときには注意しないといけないとか、高齢者は嚥下力が落ちるため、場合によっては流動食が必要となることなどを学びました。
そして、講師の指導のもとに介助の演習もしました。生徒が2人1組となり、ひとりが高齢者役で車いすに座り、ひとりが介護士役となって、車いすからベッドに移す介助をするのです。

このような講習を受けた後は、老人ホームで実習を行いました。初日は、ご入居者にできるだけ話しかけて顔を覚えてもらったり、コミュニケーションを円滑にはかる実習をしました。また、ご入居者の部屋にお邪魔して清掃業務をやりました。
2日目になると、排泄介助もやりました。オムツ交換です。尿のときは、なんとかやり遂げることができましたが、大便のときのオムツ交換は大変つらかったです。

しかし、介護士業務の重労働ぶりと、入居者の健康管理などに神経を使うことを実感することができたため、資格を取得して良かったと思っています。

就職に役立つと思ったから

養護教諭を目指していた私は、高校もその免許を取得できる短大の系列校を選んで推薦を狙っていました。いよいよその学校にするか、他を狙うかという話になった頃、その学校で単位の取り方を工夫すれば養護教諭の免許と一緒にホームヘルパー2級の資格が取れることが判明。養護教諭は狭き門だから、ホームヘルパー2級も取っておけば就職には困らないかもと思って取得することにしました。

卒業要件を満たす単位や養護教諭資格の取得に必要な単位と、ホームヘルパー2級資格の取得に必要な単位は結構かぶっているものが多かったので、講義や実習がものすごく増えたということはありませんでした。講義は高齢者福祉の制度や加齢に伴う身体特徴の変化などを学ぶくらい。あまり難しいことはなかったと思います。私にとって大変だったのは演習。不器用なのが災いして、体が不自由な利用者さんの着替えやベッドメーキング、車いすで段差を超える操作は全然できないというありさまでした。

特に苦労したのはベッドメーキング。演習のたびに絶対これ、あなたがやったんでしょ!!と教授に毎回叱られる始末。泣きながら毎日、練習して2~3か月してどうにかできるようになりました。蛇足ですが実は私、少しだけ福祉施設に勤務したことがあるのですが、介護技術はどの技術が苦手でも現場に出ると困るものです。だからこそ教授も厳しく指導してくださったと思うのですが、現場に出る前にどんな技術もまんべんなくできるように身に着けておく必要はあると思います。
もう1つ、意外と大変だったのは実習です。私たちは夏休み中に実習が義務付けられていました。

短期間のうちに訪問介護も特別養護老人ホームも、デイサービスセンターも経験しなければなりません。目まぐるしい夏休みでした。訪問介護で大変だったのは指導してくださる方と2人きりになること。
内気だとかなり指導の方に気を使うのでしんどいかと思います。
施設介護は入浴介助や食事介助など、就職してからも行うような介護を「じゃ、やって」と軽い感じで指示を受けて体験するような状態だったので、戸惑っているうちにあっという間に終わってしまったという感じでした。

私にとっては演習や実習が大変だった取得までの過程ですが、持っていたからこそ就職できたし、辞めてからも他の仕事や家庭で生かせる部分は多くあります。1つ1つが貴重な自分のスキルになると思えば、いい経験だったと思います。

祖母の介護に活かす技術を!

一緒に住んでいた祖母が要介護2の認定を受けており、歩行を伴う動作が困難で介助が必要な状態でした。ヘルパーさんは頼んでおらず、基本的には母が中心となり介助をしていましたが、不在の際には当然他の家族が担当します。私も見様見真似で介助をしてはいたものの、「本当にこの方法で合っているのだろうか?」という疑問をい抱いたまま生活は淡々と過ぎていきます。

そんな中、私は転職をするために勤務していた会社を退社し、次の仕事が見つかるまで職業訓練を受けることに。どの講座が良いかハローワークで相談していたところ、ホームヘルパー2級を取得することができる「介護住環境福祉科」という講座を発見!今までの介護に対するモヤモヤとした疑問も解消できるかもしれない……そう思い、面接・試験を受けて対象の学校へ入校したのです。

講座では、学科にて知識を学び、実習にて実際の動きを体得。介護の現場や関連企業で現役で働かれている講師の方々の講義はとてもリアルかつ合理的で、今まで疑問に思っていたこともどんどんクリアに。専門用語や覚えなければいけない事項もたくさんありましたが、一緒に通っているクラスメイトと励ましあいながら勉強できる環境はとても良かったと思います。また、実際の現場での研修もあり、緊張感はありながらも、施設の方にも親切・丁寧に教えてもらいながら無事修了。3ヵ月の講座で、ホームヘルパー2級の資格だけではなく、情報処理技能検定2級も取得。(PC関連のスキルアップに取り組む授業もあり、個々の実力によって級を選択できる)充実した学校生活でした。

卒業後は就職も決まり、福祉関連の企業へは転職しなかったものの、その経験はかけがえのないものに。自宅での介護だけではなく、街中で困っている方々へのお声がけや介助も自信を持ってできるようになり、人間としても成長できた良い経験だったなと実感しております。

選考希望先からまず資格取得が必須と言われました

転職目的で地元の合同説明会に参加した際、介護施設から医療機関まで運営している大手社会福祉法人グループのブースに行きました。選考を受ける前にホームヘルパー2級の資格が必須という話があり、資格を持っていないと採用担当者に伝えるとまずは資格を取得してから応募してほしいと言われました。
資格を持っていないので、採用試験は受けられないと思いましたが、翌日、担当者から連絡があり、グループ会社で資格講座が開始されるという受講案内がありました。すぐに担当者を通じて申し込みを行い、グループ会社にて資格を取得することになりました。

講義は40人規模の短期集中型の講座になっていました。
毎日、9時から17時まで10日近く座学による講義が行われ、手の洗い方から介護施設の種類、ベットへや車椅子の使い方などを実技も交えながら学び、2回程度レポートも提出がありました。座学修了後は実習が3日間あり、最初の日は特別養護老人ホームにて職員のサポートを行いましたが、特に大変だったのがおやつのシュークリームを食べさせることでしたが、シュークリームを一口サイズに小分けしようとするとクリームが飛び出してなかなかキレイに口に運ばせるのが難しかったです。

2日目は訪問介護にて実際に介護を受けているお宅に複数伺い、掃除や料理などを行いました。そして、最終日はデイケア施設にて入浴後の利用者の髪を乾かしたり、食事の配膳を行いましたが、高齢者の場合は肌が弱いのでドライヤーの風を肌が火傷しないように注意しました。
実習後、実習のレポートをまとめて提出し、後日修了書が郵送にて届き、資格を取得しました。

将来の可能性のために、体が楽な内に取得した。

まず、私の母が介護施設で働く社会人でした。これからの日本では介護を必要とする者がふえ、身近なところを見れば、自分の家族にも介護技術を用いることがあります。今後、この知識と技術があれば損することはなく、もしも仕事に困っても、資格を用いて働くことができます。このような意見と、母からの勧めを受けて資格を取得することにしました。

 私の通う高校は福祉分野に強く、学生でも卒業までにはホームヘルパー二級が取得出来るコースがありました。
ホームヘルパー資格獲得に向けて、必要な単位を全てとりました。社会人になれば、休日を利用して講義をうけるという人もいると聞きます。忙しくなってからよりも、時間と体力に余裕がある学生の内で取れるのが良いと思いました。

内容は決して簡単なものではありませんが、まだ高校生の段階でも取れるのが大変魅力的に思えました。若い段階から、履歴書の資格スペースを埋めることができるのは嬉しいことでした。

取れる資格なら取っておこうとしました。

未経験で介護の仕事をしていたのですが、日々の業務には資格は必要ありませんでした。しかしせっかく働いているのであれば、新しく資格を取り自分の生活にメリハリをつけるためにという思いもあり、一度チャレンジしてみようと思いました。

そして何より、資格を取ってしまえば、もし今働いている会社から他の会社に転職したとしても履歴書に書く面で転職の際有利だと考えたからです。費用もそれほど高くなく更新料とかも必要ありませんでしたので、自分のやりたい時間にゆっくりと勉強でき、日々の仕事にも支障をきたさないという面で非常に優秀な資格だと思い、取得に励みました。

座学など勉強の面では苦労しました。あまり勉強は得意なほうではなかったので覚えることが多く、久しぶりに勉強という勉強をしたと思います。実技の面では私は体格の面で恵まれているため、優秀な成績を収めることができました。このような優秀な実技を生かし取得は比較的簡単に取れたのだと思います。座学の面では少し苦労しましたが、それほど時間はかからず余裕をもって合格できたと思います。

この先、自立して行けるように

8年ほど前に、ホームヘルパー2級の資格を取得しました。仕事をしながらの取得でしたので、土日に2ヶ月ほど講習を受けて、最後に実習がありました。近くに取得するための学校があったので、自転車で通えて助かりました。初めての移乗、更衣、足浴の練習で難しかったのを覚えています。

講習に来ている人は、年齢も性別も様々で、定年を迎えてから、ヘルパー2級の資格を取りに来られている方もいました。先輩ヘルパーさんに同行して、利用者様のお宅に伺う実習もありました。そこでは、調理と掃除をさせて頂きましたが、人様の食事を作るというのは、卵焼き一つにしても、とても緊張し、お口に合うかドキドキしました。そこで、学んだ事は利用者様との信頼関係が大事だと感じました。

また、ヘルパーは1人で全ての責任を持って、仕事をするので、大変だと感じました。施設の実習では、初めての介護の現場で、訳もわからず緊張しましたが、色々な学びがあり、良い経験となりました。ヘルパー2級の資格を取っておいて、良かったと思っています。歳を取ってからも需要のある業種ですので、取っておいて損はないと思います。

医療系の仕事に興味があるからです

私はもともと大学病院で医療事務の仕事をしていましたこちらの仕事も大変やりがいがあって良い仕事だったのですが、もう一つ目標があってホームヘルパーの資格も取りたいというのが前からあったので取得しに行きました。

通いやすい環境があったのも良かったのですが仕事の帰りにスクールに通わなければいけなかったため駅から近く家からも通いやすいところを選びました。

実際私は病院内で働くことを希望としているので、ホームヘルパーの資格にも大変興味を持っていました。
事務の仕事も良いのですが実際そういった体を動かして患者さんに触れることができる仕事にも興味があり、勉強しようと思いました。

授業は実務とありましたが、お休みの日を利用して実習に行ったり貴重な体験をすることができました。こちらの資格は働くことを目的にして取るのもいいと思いますが、今後高齢化社会が進むにつれて必ずと言っていいほど重要な資格だと思います。
自分自身の勉強にもなりますし周りの方たちの役にたつことを間違いないのでとって損はない資格だと思います。私自身そんなに取得するのに難しかったと言う印象はありません。


       

一番安く!しかも無料でヘルパー資格を取得する方法とは?

           

通信講座のメリット

           

通学講座のメリット

       

介護の資格を取得する際の料金比較

       

資格を取るにはこんなにも費用が必要です・・・

       

ヘルパー資格を無料取得できるでキャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパー2級の基礎知識

福祉と介護の適職フェア「カイゴジョブフェスタ」とは?

カイゴジョブフェスタとは? 全国8都市で開催されているカイゴジョブフェスタは、介護・福祉の適職フェアです。 事業所の採用担当者や施設長などが訪れるこうしたイベントを活用すると、介護業界の実態や事業形態に関する細かな情報収集を行いやすくなります。 ・・・続きを見る

介護事務の人が行う仕事の内容とは?

介護事務とは? 老人ホームなどの介護事業所で行う事務の仕事を、介護事務と呼びます。 介護事務のメインの仕事は、各都道府県の国民健康保険連合会に請求するレセプトを発行することです。 この作業を行うためには、介護給付費明細書と呼ばれるレセプト作成・・・続きを見る

生活相談員・医療相談員・支援相談員の仕事内容とは?

さまざまな種類のあるソーシャルワーカー 施設を利用される患者さんや利用者さんの相談にのるソーシャルワーカーには、仕事の種類や職場によって異なる呼び名が設けられています。 また自分の施設で求める人材を集めるために、介護職の求人票には、生活相談員・支援・・・続きを見る

サービス提供責任者(サ責)はどんな仕事をするの?

サービス提供責任者(サ責)とは? サービス提供責任者(サ責)とは、訪問介護サービス事業者において、実施計画の作成やホームヘルパーの管理、指導を行う責任者です。 ケアマネジャーが作ったケアプランに基づき訪問介護計画書を作成するサービス提供責任者は、立・・・続きを見る

社会福祉主事という仕事の特徴

社会福祉主事とは? 社会福祉主事とは、福祉事務所の中で生活指導や面談、家庭訪問といった仕事をする職員に与えられる任用資格です。 都道府県や市区町村に設置された公立の福祉施設や福祉事務所に勤務し、福祉業務全般に携わる公務員を、社会福祉主事と呼びます。・・・続きを見る

介護職員初任者研修とは何ですか?

介護職員初任者研修とは? 介護職員初任者研修とは、従来のヘルパー2級に相当する新人向けの入門編的な介護資格のことです。 古い時代のヘルパー2級の頃は、講習を受講するだけで試験のない仕組みとなっていました。 これに対して介護職員初任者研修が導入・・・続きを見る

介護職におけるセクハラの実態と相談

介護職にもセクハラはあるの?相談先はどうなっている? ホームヘルパー2級相当の資格をとって介護職として働き始める時、介護現場におけるセクハラ被害の実態が相談先などに関心を持つ女性は非常に多い実態があります。 介護の仕事をしている人たちの労働組合・日・・・続きを見る

就職前に要チェック!サービス付き高齢者向け住宅とは何ですか?

サービス付き高齢者向け住宅に転職したけれど・・・ 高齢化社会に伴い増加傾向にあるサービス付き高齢者向け住宅(サ高住・サ付き)は、ヘルパー2級相当の介護初任者研修を終えた方々も働くことのできる職場です。 しかし古くから存在している介護老人福祉施設など・・・続きを見る

ヘルパー2級相当の資格のある人が注意すべき面接時の退職理由

介護職で働く上での「退職理由」の基礎知識 就職活動で大事な位置付けとなる面接では、担当者から退職理由を聞かれる事例が非常に多い実態があります。 「前の会社をなぜ辞めたのか?」とも言える退職理由は、全ての介護職の心の中に明確な答えがあると考えられる質・・・続きを見る

ヘルパー2級相当の資格を持つ人必見!採用に繋がる履歴書の書き方とは?

履歴書を作る時に必要なものを用意しておく 落ち着いた気持ちで履歴書を書く時には、まず作成に必要不可欠な下記のものを用意しておくようにしてください。 ・市販の履歴書 ・印鑑(シャチハタ以外) ・万年筆もしくは黒ボールペン ・証明写真 ・資格証・・・続きを見る

介護職は無資格・未経験でも働ける業界です

介護職なら未経験・無資格でも働ける 何の資格も持たないけれど、今働いている業界や仕事を辞めて転職したい・・・。 こんな方々におすすめとなるのが、未経験・無資格でも十分に働ける介護職のお仕事です。 介護求人に特化した転職サイトや派遣会社の登場し・・・続きを見る

介護職員実務者研修とはどういう資格ですか?

介護職員実務者研修とは何ですか? 介護職員実務者研修とは、介護における基本的な能力を高める上で必要不可欠な資格です。 介護初心者向けとも言える介護職員初任者研修からランクアップした内容を学ぶこの資格には、国家資格となる介護福祉士へのキャリアアップを・・・続きを見る

介護福祉士の登録に期限はあるのでしょうか?

介護福祉士に合格!何かすべきことはあるの? 現場で働く介護職の最上位資格といっても過言ではない介護福祉士を取得した時、合格後にやるべきことは意外といろいろあります。 苦労して取得したこの資格を上手に活かすためには、その手順をしっかり把握しておく必要・・・続きを見る

ヘルパー2級とヘルパー1級の違いを教えてください

ホームヘルパー2級と1級の違いが知りたい 介護の仕事に初めて携わる皆さんが資格取得を目指す時、ホームヘルパー2級と1級の明確な違いがわかりにくいといった声を耳にすることがあります。 一般的な資格試験と同じように、ホームヘルパー1級は経験を積んだ2級・・・続きを見る

ヘルパー2級の難易度とテストに合格するポイントとは?

ヘルパー2級に相当する資格の難易度とは? ヘルパー2級に該当する介護職員初任者研修の難易度は、具体的な合格率などのデータでは公開されていません。 しかし実際にこの研修の筆記試験を受けた方々の体験談に目を通してみると、「受講したけど修了はできなかった・・・続きを見る

ヘルパー2級は通信講座のみで取得可能な資格ですか?

ヘルパー2級は通信講座のみで学べるものですか? 結論から言ってしまえば、従来のヘルパー2級に相当する資格となる介護職員初任者研修は、通信講座だけでは取得できない資格です。 介護職員初任者研修を学ぶときには、通信と通学の併用制講座を受ける必要がありま・・・続きを見る

ヘルパー2級の再発行はできるのでしょうか?その方法とは?

ヘルパー2級などの修了証明書の再発行はできますか? ヘルパー2級やヘルパー1級に該当する資格の研修修了証明書は、就職や介護福祉士国家試験の受験といったシーンで必要と感じる方々の多い書類です。 介護職員初任者研修や介護職員実務者研修の修了証明書をき損・・・続きを見る

ヘルパー2級の取得に費用はどのぐらいかかりますか?

ヘルパー2級の資格取得にかかる費用とは? かつてのヘルパー2級、現在の介護職員初任者研修の修了にかかる費用は、都道府県や受講する学校によって大きく異なる実態があります。 2018年4月時点の相場を調べてみると、31,000円~150,000円ほどで・・・続きを見る

おすすめ!ヘルパー資格が取得できるとこ

サンシャイン総合学園

サンシャイン総合学園の特徴 サンシャイン総合学園は、北海道札幌市にて介護資格である「初任者研修」と「実務者研修」を中心に講座を開講している介護資格専門スクールです。 このスクールでは、修了生の約2万人を介護業界に輩出しており、実績や経験もかなり豊富。また、・・・続きを見る

日本ケアリンク

日本ケアリンクのここがポイント! 日本ケアリンクの最大のポイントは、やはり充実した研修体制でしょう。 各ホームが独自で行っている内部研修をはじめ、等級ごとにスキルが取得できるという本社での研修。そして新しい知識や技術を獲得する外部での研修と3種類の研修・・・続きを見る

キャリアカレッジ‎

キャリアカレッジの特徴 大阪・梅田と天王寺で介護福祉の資格スクールを展開している、キャリアカレッジ。 サポートする実績は40年以上、多くの人々を介護業界に送り出してきたエキスパートです。 このスクールでは、介護に関する資格の名kでも唯一の国家資格・・・続きを見る

ホリスケアアカデミー

ホリスケアアカデミーの特徴 ホリスケアアカデミーは、広島の地域未着型のスクールとして人気のある介護と美容の資格取得スクールです。 広島県内に12教室を展開しており、少人数制でキメ細やかな指導に定評があります。 講師や学習カリキュラムの信頼性が高く・・・続きを見る

木下の介護

介護の木下の特徴 介護の木下は、首都圏を中心に優良老人ホームや訪問介護のサービスを展開している人気企業です。 木下グループホールディングスの傘下にあるグループ会社の1つであり、他のグループ会社には保育、不動産など、様々なジャンルの会社があります。 ・・・続きを見る

ナイス介護

ナイス介護の特徴 個性的な名前の介護し転職エージェントが「ナイス介護事業部」 全国各地の介護求人が非常に多数登録されており、その数は77,000件以上。 膨大な数の求人数を誇り、介護転職サイトの中でも、トップクラスの規模を誇ります。 また、このサイ・・・続きを見る

やさしい手

やさしい手の特徴 在宅介護のエキスパートとして、全国各地、多くの利用者に慕われている「やさしい手」 在宅介護だけではなく、サービス付きの高齢者向けの住宅サービスや家事代行、デイサービスなど、あらゆる介護の支援を提供しています。 利用者の様々な在宅介護・・・続きを見る

ハクビ

ハクビの特徴 介護職員初任者研修や実務者研修の資格取得を目指す教室として人気のハクビ。 東京は大塚にある本校を筆頭に、介護資格専門スクールとして定評があります。 40年以上の教育業界での実績を持つ老舗であり、”着物のハクビ”と同じ企業です。 ハ・・・続きを見る

大原学園

大原学園の特徴 あらゆる資格が取れることで名高い大原学園。 全国に多数の専門学校、社会人講座、グループ校などを展開しており、「資格の大原」の異名を持つ、有名校。 大原学園では介護資格に関するコースも充実しており、介護福祉キャリアコースや介護福祉実践コ・・・続きを見る

イキイキ介護スクール

イキイキ介護スクールの特徴 イキイキ介護スクールは、大阪市住吉区にある、少人数制の介護資格取得スクール。 長居駅から徒歩4分と、交通アクセスにも非常に便利な場所に位置し、定員は20名という、大変アットホームなスクールです。 このスクールの運営母体・・・続きを見る

関西福祉学院

関西福祉学院の特徴 関西福祉学院は、大阪府内で5教室を展開する、介護福祉系の資格取得教室。 関西福祉学院では、自宅学習とスクーリングを組み合わせたカリキュラムとなっており、受講期間は1~6か月間。 ただし、、大半が過程での学習+課題レポート提出となり・・・続きを見る

ユースタイルカレッジ

ユースタイルカレッジの特徴 東京・中野坂上駅から徒歩1分という交通アクセスに便利な場所に位置する、介護系資格取得教室・ユースタイルカレッジ。 ユースタイルカレッジでは、実務経験豊富な講師陣が自身の体験を交えら役立つ講義を行っていることで定評があります。・・・続きを見る

ベネッセスタイルケア

ベネッセスタイルケアの特徴 ベネッセスタイルケアは、高齢者住宅事業、保育事業、学童クラブ事業、介護福祉事業など幅広く手掛けるベネッセグループ。 全国に270を超える優良老人ホームも運営しており、スクール講座終了後は、介護施設ですぐに力を発揮できるような充実・・・続きを見る

ずっとケアスクールWithYOU

ずっとケアスクールWith YOUの特徴 「ずっとケアスクール With You」は、大阪に11教室、兵庫県に1教室と、関西圏に展開する介護資格取得専門のスクール。 すべての教室は駅から徒歩10分以内という立地条件下にあり、通学に便利なスクールです。 ・・・続きを見る

三幸福祉カレッジ

三幸福祉カレッジの特徴 三幸福祉カレッジは、株好き会社日本教育クリエイトが運営をしている、介護福祉などの介護資格の講座を多数取り揃えているスクール。 本社は東京・新宿にありますが、北は札幌から南は那覇まで、全国に13校を展開しています。この業界では、ト・・・続きを見る

ベストウェイケアアカデミー

ベストウェイケアアカデミーの特徴 ベストウェイケアアカデミーは、大阪府豊中市に教室を構える介護資格専門スクールです。 大阪の介護職員初任者研修では、大阪府知事指定第1号にもなっており、その実績や質の高さは府にも認められています。 初任者研修から実務者・・・続きを見る

介護のキャンパス

介護のキャンパスの特徴 介護のキャンパスは、大阪で6教室、神戸で1教室展開している、介護専門スクールです。 こちらのスクールでは、現在、介護福祉士として活躍している講師による就職サポートも充実。現場でしかわからない介護業界の働き方や、具体的な相談など、・・・続きを見る

ニチイ

ニチイの特徴 ニチイは、1966年に開校して以来、100万人以上の修了生を輩出している、業界最大手のスクールです。スクールに興味がない方でも、その名前は一度は耳にしたことがあるでしょう。 修了生は、その多くが介護業界で就職をしており、実績の数も他のスクール・・・続きを見る

グローライフ介護スクール

グローライフ介護スクールの特徴 グローライフ介護スクールは、大阪・平野区にある小規模制の介護スクール。 最寄り駅は、地下鉄谷町線出戸駅から徒歩数分という、アクセスが良い場所に位置しています。 こちらのスクールでは、介護業界での研修事業を中心に行っ・・・続きを見る

未来ケアカレッジ

未来ケアカレッジの特徴 介護資格取得の専門スクールとして、関東、東海、関西、九州にて教室を展開している、未来ケアカレッジ。 年間受講者は、27,600人、介護資格専門スクールとしては日本NO.1の実績を誇る、人気スクール。 講座の多数の介護資格コ・・・続きを見る

大阪コミュニティワーカー専門学校

介護の資格を取得する時に福祉系の専門学校に通って学ぶのが主流になっていますが、忙しくてなかなか時間が取れない時は通えなくなってしまう事も少なくありません。 それで介護の資格を取得するのを諦めてしまう人もいますが、そのような悩みを解決してくれる福祉系の専門・・・続きを見る

京都医療福祉専門学校

介護の資格を取得する事が出来る福祉系の専門学校はたくさんありますが、京都医療福祉専門学校は厚生労働大臣指定なので信頼性が高いです。 介護福祉士や社会福祉士の資格を取得するための福祉メディカル科や心理保険福祉士の資格を取得するための心理メディカル科を用意し・・・続きを見る

池袋福祉カレッジ

池袋は新宿や渋谷と並んで大きな繁華街なので買い物やレジャーをする時に来る事が多いですが、池袋福祉カレッジがあるので介護の資格を取得するための勉強をする事が出来ます。 池袋は福祉系の専門学校もいくつかある場所ですが、池袋福祉カレッジはネットの口コミでも評価・・・続きを見る

クリックジョブ介護

ここ数年で介護職の需要が高まってきているので転職してみようと考えている人も少なくないでしょう。 介護職の求人はハローワークでも探す事が出来ますが、効率良く見つけたい時は日本最大級の求人数を誇るクリックジョブ介護を利用するのがおすすめです。 いろいろ・・・続きを見る

日本福祉教育専門学校

日本福祉教育専門学校は介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士などいろいろな介護の資格を取得する事が出来る専門学校です。 東京の高田馬場駅から徒歩圏内の場所にあるので通学するのにもすごく便利です。 日本は高齢者の割合が多いので今後は介護の資格を持って・・・続きを見る

関西福祉学院

大阪で介護の資格を取得しようと考えている人は関西福祉学院を選んで勉強している傾向があります。 他にも介護の資格を取得するための勉強をする事が出来る専門学校はありますが、関西福祉学院で勉強した方がいいと答える人が多いです。 専門学校はそれほど大きな違・・・続きを見る

介護求人ナビ

介護の仕事を探す時は介護求人サイトを利用する事が多いですが、職種やエリアで検索する事が多いでしょう。 介護の仕事も職種の種類が多いので探す時は重要なポイントになってきます。 また住んでいる場所から通勤する事が出来るのかも重要なポイントになるのでエリ・・・続きを見る

箕面学園福祉保育専門学校

日本は高齢者が増えてきているので障害を持つ人を明るく育てる人材を育成しなければいけません。 それで介護福祉士など介護の資格を取得するための勉強をする事が出来る専門学校の重要性が高まってきています。 ここ数年で介護の資格を取得する人も増えてきているの・・・続きを見る

カイゴジョブアカデミー | (旧:大阪福祉総合スクール)‎

介護職の需要がここ数年で高まってきているので今後は介護の資格を取得していると仕事を探す時に有利になると言われています。 今まで介護とは全く違う職種で働いていたけど実際に働いてみたいと考えている人も増えてきているので最近では専門学校に通って介護の資格を取得・・・続きを見る

ヒュースウェル梅田校

介護福祉士など介護の資格を取得する時は専門学校に通って勉強をする人も多いですが、仕事をしている人などはあまり時間が取れないので通うのが難しい事もあります。 忙しくて介護の資格を取れないでいる人もいますが、そのような時は通信制のヒュースウェル梅田校がおすす・・・続きを見る

カイゴワーカー

カイゴワーカーは実際に利用して介護職の仕事をしている人達の支持率がNo1の介護求人情報サイトなのでネットの口コミでの評判も高くなっています。 エリア、職種、勤務形態、フリーワードなどいろいろな項目で検索して介護求人を探せるのですごく便利です。 また・・・続きを見る

ハローワーク

ハローワークは公的職業安定組織が運営している職業紹介所で全国各地に設置されています。 昭和の時代はいろいろな職種の求人を取り扱っていましたが、最近では高齢化社会になってきている影響でハローワークでも介護求人が目立つようになってきています。 介護職で・・・続きを見る

ユーキャン ホームペルパー

通信教育で資格を取得する事が出来る事で有名なユーキャンで最近では多くの人が利用しています。 いろいろな資格を取得する事が出来ますが、最近では高齢化社会が進んでいるのでホームヘルパーの資格を取得する人が増えてきています。 そこでユーキャンでホームヘル・・・続きを見る

カイゴジョブ

高齢化社会が加速していく日本。 このフレーズをテレビの報道やネットの記事などでよく聞く事が多いでしょう。 若い世代はあまり意識していない人もいますが、これから介護が必要な人が増えてくる事にもなるので介護職の人材が必要となってきます。 最近では・・・続きを見る

かいご畑

これからの日本は高齢化社会になっていくので介護の仕事の需要が高まってくる事が予想されます。 現在でも介護職員として働いている人も多いですが、人手不足になっていて求人も多く出しています。 介護職専門の求人サイトも増えてきていますが、特に探しやすいのは・・・続きを見る

運営者情報 お問い合せ 

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら